FXの税金対策講座

FXの税金対策講座

トレーダーの確定申告の必要性

自分で申告しましょう!

一般に、日本ではお金を稼いだら税金を収める事が義務であり、サラリーマンなど企業で働いている場合は源泉徴収によって、会社が代わりに納税を行ってくれます。しかし、会社に勤める以外にも、お金を稼いで収入を得ている人は多く、アルバイトやパート、自営業などの場合は自分で税務署に申告する必要があります。

これが確定申告で、自営業やアルバイトではないサラリーマンは、自分で行った事がないという事が多いです。しかし、最近はサラリーマンでも本業以外に、副業を行っている場場合も多く、このような副業で得た収入に関しては自分で申告する必要があります。

もしも、収入があるのに確定申告をおこなわないで納税をしていないと、脱税ということになってしまい、罪に問われる事になります。これは、故意であっても無くても罪には変わりなく、しらなかったという事ではすまされない問題です。

そのような中、近年未納者が多いとされているのが、FX業界です。FXは一般人でも気軽に始める事ができる投資とされ、少ない元金でたくさんの収益を上げられたり、オンラインに接続する環境があれば、営業時間内しか取引できない株式に比べ、24時間取引ができるといった手軽さから、一般人に広く浸透しました。

ただ、FXにおける税金は、今だ曖昧な部分もあり、FXの収入で確定申告を行う事を知らなかったという人も少なくありません。株取引とは違い、FXの収入は雑所得に分類されます。サラリーマンとして、本業の傍らFXを行っている人の場合は20万円、主婦や学生など家族の扶養となっている場合に、控除の条件によって決まる金額以上の収入があれば、確定申告を行う義務があります。

故意に脱税した訳ではなくても、未納の税金があれば延滞税や加算税、また刑事罰などを受ける事になります。FXの税金における知識をきちんと身につけて、きちんと法にのっとった方法で収入をえるようにしましょう。また、法の範囲内でFXの税金も節税していき、せっかく得られた収入の大半を税金に取られる事のないようにしましょう。

[おすすめサイト]
FX初心者ナビ・・・FXに関する情報が満載です。特にFX初心者の方は必見。

Copyright (C) FXの税金対策講座 All Rights Reserved